保育方針

保育の理念

「生活の質(人生)を高められるよう、感性を豊かに、
     思いやりの心と常に学びあう気持ちを育んだ保育を想像する。」

 村岡保育園では、児童福祉法に基づき、子どもが必要とする乳幼児の保育を行ないます。
 現在、そして望ましいみらいをつくり出す力の基礎を培えるよう、ひとり一人の子どもの最善の利益を考慮し、福祉を積極的に増進するために保育の環境を整え、子育て支援を行ないます。

保育の理念

 子どもが自らの力を発揮できるよう、愛情を持ってひとり一人の子どもと関わり、時代時代で変化する保育環境をつくり続けます。子どもの疑問や興味を深め、広め、楽しんで学べる保育を行ないます。
 保護者の皆さまや地域の方々との出会いにより広がっていくネットワーク=資源を最大限に生かすことで、地域に根差した子育て支援及び世界に通じる保育を目指します。

 「健康で、丈夫な体で、元気に挨拶をする」

 「相手のことを大切に思い、感謝の気持ちを素直に伝える」